default

ゴルフのコースデビュー

ゴルフのコースデビュー

ゴルフコースデビューをしました。

打ちっぱなしで、1万本を打ったら、コースに出ようと目標を立ててから1年。

「よく来てるね~」と打ちっぱなしの人に声をかけられるほど入り浸り、目標本数達成。

今日、やっと、コースを回ることが出来ました。

回ったのは、都心から2時間ほど車で走ったところにあるゴルフ場。

コーチと友人Hくんと私の3人です。

「20年前は、平日の昼間でも、ゴルフ場内のレストランは満席で入れなかったんだ。

今はがらがらだけれどね。」

とコーチが肩をすくめました。

確かに閑散としてはいるけれど…。

本日は快晴!

暑すぎも、寒いこともなく、ゴルフ日和です。

芝が綺麗に整備されていて、池も光に反射してきらきらと輝いて綺麗でした。

空気も澄んでいて気持ちがいい!

人の手が加えられた人口の綺麗な自然が視界一面に広がります。

2人乗りのカートの後ろにゴルフバックを積んで、出発。

キャディさんなしで回ったので、自分たちでカートも運転しました。

打ちっぱなしと、コースの違い。

緊張から、どうしても、力みがちになって打ってしまうことです。

バンカー(砂)・木・池等の障害物がコースの途中にあるので、思う通りに飛ばないことも多々。

特に木に当たると、跳ね返ってあさっての方向に飛んでしまうこともありました。

その分、狙った所に打てると、快感です。

パター(グリーン上で、ボールを転がしてホールの中に入れる)を入れるのにも、思うように入らないこともしばしばありました。

コースに出ないとわからないこと。

それは、マナーを実践できるかです。

相手が打っているときには、前に出ない・パターのときに、相手のライン上に立たない…等、沢山ありますが、最も気にしなければならないマナーは回るスピード。

前後にプレーしている組はいなかったので、気がつきませんでしたが、私達のまわり方はゆっくり過ぎたようです。

3時間半で回るのが理想。時間を見てスムーズに動くことが簡単なようで、難しいのです。

スコアは…140近くありました。

「まァ、最初はこんなものかな~」と元来、運動音痴かつ楽観的な私は、落ち込むことはなく、次回を楽しみにしています。

プジョー208値引き

理想の朝食

恋人に「おおっ!!」と褒められるような朝食を作ってみたい!

と、私は、インターネット上で料理ページをサーフィンしました。

想い描いた理想の朝食は…

①焼きたてのミートパイ

②紅茶(もちろん、ティーセットつき。)

③15種類の香草サラダ

④蒸したアスパラにジュレソースがけ

⑤フルーツ数種類

⑥ヨーグルトラズベリーソースを添えて

というものでした。フルーツ数種類は切ればいいだけだから、できるはず。

ヨーグルトもすりガラスのお皿に淹れるだけだから、できるはず。

香草サラダは買ってくればいいだけだから、できるはず。

紅茶は…パックでもいいかしら。

アスパラは前日に蒸す…のではなく茹でちゃおう。

ジュレソースのレシピは、コンソメ・酒・塩・醤油・だし汁…とややこしいので、めんつゆと塩を合わせたもので。(ゼラチンを加えて冷やせば、ゼリーのようなジュレが完成するんです)

問題は、ミートパイ(焼き立て!)

パン屋で買ってくるのもひとつですが、

「すごいね。料理上手なんだね。」と恋人が目をハートにして、褒めてくる(←大切なポイント)

…となるためには、パン屋で買ってきたものよりも、手作りをして、恋人の目の前で(←大切なポイント)オーブンから焼きあげたい!のです。

私はスーパーサイヤ人の如く、燃え上がりました。

前夜に、せっせと生地をつくりました。パイ生地をこねて、具を用意して。

準備万端!!!!!!

翌朝、張り切って、下準備ばっちりの朝食作りにとりかかりました。

サラダ・紅茶(もちろん、ティーセットつき。)・15種類の香草サラダ・蒸しアスパラのジュレソースがけ・フルーツ数種類・ヨーグルトラズベリーソース添え

をテーブルに並べました。

「すごいじゃん!」と恋人は驚き、はしゃぎました。

ふっふっふ…!

驚くのはこれからよ!!!

…しかし、驚いたのは、恋人ではなく、私でした。

「も、もう食べたの…??」

恋人は早食いだったのです。

まだ、ミートパイが焼きあがっていないのに!!!

彼はサラダ等を完食してしまったのです!!!

ミートパイが焼きあがるまでには、まだ30分…。

そして、恋人はせっかちでした。

「それ以上かかるなら、もう会社に行ってくるよ~!」とさっさと出て行ってしまったのです。

私はいじけました。

が、夜になって、「頑張ってくれてありがとう」というメールと共に、「ミートパイを食べに来たよ」という彼がひょっこりきたのでした。

背伸びをして作ったのは、ばれていたようですが、喜んでもらえてよかったです。

ゴルフのコースデビュー